1、はじめに

日本は働き方改革によって、今までの終身雇用制ではなく
本業以外にも副業を認める時代となりました。
その背景を受けて自分の趣味を兼ねてお店を開いたり
バイトをしたり、働き方は随分変わりつつあります。
副業で注目されているのがネット副業です。
パソコンを使ってインターネット回線を通じて
色々な仕事を行うことができます。
ネット副業の一番のメリットは、外に出歩かなくても
パソコンが一台あれば、仕事ができてしまうところです。
ネットを使った仕事内容はとても多いのですが
全てに共通しているのはプログラミングができると
仕事の幅がぐっと広がるということです。
今回は、プログラミングとネット副業に関して検証します。

2、プログラミングができると、とても有利。

ネット関連の仕事は、プログラミングが出来なくても出来る仕事は
たくさんあります。代表的なネット関連の仕事といえばアフィリエイトや
ブログです。特にプログラミングできなくても、テンプレートをするだけで
自分好みのブログを作ることができますしアフリエイトも 同じように
写真を貼り付けるだけなので、慣れてしまえばそれほど時間は掛かりません。
月に数百万円も稼ぐ猛者もいて、夢のある副業といえるでしょう。
しかし、このようなネット副業の代表的なアフィリエイトやブログは
今や飽和状態になってしまいこれから参入をしてもたちまち埋もれてしまいます。
しかしチャンスは残っています。すでに行っている人気のある
アフィリエイトや ブロガーよりも レベルの高い物を作るということです。
そのためにはプログラミングが必要なのです。
プログラミングができれば、テンプレートではできなかったデザインを
可能にすることができます。今までにない 特徴的なデザインで
目を引けば固定客が増えてくるはずです 。

3、時間は掛かるが、それだけ収入がいい

プログラミングを学ぶためにはどうしたらよいか。
本で学ぶのも良いですし、インターネットで学ぶこともできます。
学校もあるので学ぶ環境は整っています。
最終的にはやる気だけですが、プログラミングを習得するには
どれぐらいの時間がかかるのでしょうか?
プログラミングと一言で言っても、プログラミング言語の種類は
毎日のように生まれています。それぞれ得意分野が違うので
どのプログラミング言語を学ぶかによって習得する時間が
変わってきますし、レベルの高いものもありますので
学ぶ順番があります。それほど時間をかけなくても基本的な
プログラミング言語から始めるのが良いですし最終的には
自分が興味あるプログラミング言語を学べると一番良いでしょう。